都市・地域開発研究・支援委員会

ssvbtoshi

委員長ご挨拶

年に「IT・ベンチャー研究会」(ITV研)として発足した現SSVBは、当初「地域活性化とベンチャービジネス」が基本テーマでした。このITV研の前身が「中心市街地活性化フォーラム」でした。この研究会も花里が中心となって(代表幹事)10年近く開催していました。その後、街づくり・都市づくりが景気の低迷もあってひと段落してからは、この研究会は暫く開催されませんでした。
ところが近年になって政府のデフレ脱却方針の下、経済活性化と共に国際化対応の都市づくりの観点等から都市開発が大きく進みつつあります。その一方で都市集中化の対極として、地域が一層の高齢化深化の下、若年層を中心とした人口減少やそれに伴う自治の低下が懸念されています。新しい都市開発進展と共に更なる地域活性化が大きな課題となって来ましたので、再度この分野の研究・支援委員会を立ち上げました。以下に主要委員のプロフィールを記述しました。

<委員長> ㈱E.C.I.代表取締役 花里 聡明(ハナサト ソウメイ)
・商業施設士、宅地建物取引主任者、定期借地権シニアプランナー、
・(元)経産省中小企業基盤整備機構・タウンマネージャー・商店街活性化シニアアドバイザー
   地域ブランドアドバイザー、北区ショップアドバイザー
・(元)全国商店街振興組合連合会・組織化推進マニュアル委員会委員
・〈講師実績〉中小企業基盤整備機構・中小企業大学校東京校(タウンマネージャー養成)、

 (学)東京モード学園(店舗経営等),(専)東京テクニカルカレッジ(インテリア等)
・〈執筆〉「月刊 商店界」(株)誠文堂新光社、「月刊 専門店」(協)日本専門店会連盟、
「月刊 企業診断」(株)同友館、「地域経営の革新と創造」秀士社・第3セクター学会共著
・〈遊休地活用〉「大規模X地リゾートマスタープラン」新日本製鉄(株)/
 ((株)アンドリュースマーチャンダイズ),「江戸川区○○2丁目地遊休地短期有効活用構想」ロッテ不動産(株)、
 「岩手町石神の丘美術館民間活用・事業計画書」 岩手県岩手町・(㈱日本放送プロジェクト
・<商店街活性化>「瓦町商店街活性化CI」鳥取県中央会,「天神商店街活性化CI」上田市
・<SC・共同店舗>「共同店舗の臨店簡易臨店診断」鹿児島県共同店舗運営協議会・中央会
「SC併設型コミュニティ施設基本計画及び基本設計事業」 御殿場市・御殿場市商工会
「長浜楽位置内活路開拓ビジョン調査事業」滋賀県中小企業団体中央会
「観光地青島地区開発(共同店舗)調査業務報告書」宮崎県宮崎市
「千葉県山武郡モール型SC・デザイン及び全体設計ディレクション」千葉県○○町商工会
・「○○市観光会館事業再生&リニューアル事業」 ○○市役所・商工会議所
・〈百貨店指導〉宮崎県○○百貨店全館リニューアル・長期指導 
・〈地域振興〉「藤野町商工会地域振興ビジョン報告書」 神奈川県藤野町商工会
  「東京都昭島市まちづくり構想(地域CI)報告書」東京都商工会連合会
・〈グラフィックデザインディレクション〉「国分観光マップ」上田市、
・〈講 演〉「街づくり・中心市街地活性化の進め方」 静岡県商店街振興組合連合会
      「商店街CI」(財)店舗システム協会、「街の録化」環境緑化新聞社

<副委員長> (株)ジ―シェフ代表取締役 角田 秀夫(カクタ ヒデオ)

慶応義塾大学理工学部計測工学科卒業
㈱ボストンコンサルティンググループ勤務(11年半)
㈱ジーシェフ設立代表取締役(2000年設立)
㈱食の安全推進機構 代表取締役(2014年設立)
主な業務
・大型商業施設のリーシング
・店舗不動産の仲介
・飲食・小売店の企画、開発、コンサルティング
〈専門〉不動産開発・リーシング、食品分析受託、外食事業開発

 

事業目的

 以下の事業を行います。

1.都市開発事業

2.地域振興・活性化事業

3.不動産流動化

4.店舗等の設計・デザイン

ページ上部へ戻る